banner

子どもの学びをサポートする

現在は少子化と言われていますが、塾・予備校など子どもの教育に関する業界は拡大しています。
多くの子供たちが小学生のうちから塾に通い、学びのサポートを受けていくのです。
一口に塾といっても実に様々な形態があり、よく調べないで決めてしまうのはよくありません。
我が子にぴったりあったシステム、形態の塾選びをしなければいけません。
まず塾にはそれぞれの得意分野があります。
私立高受験を目指す塾、県立校合格の為のノウハウが豊富な塾など、我が子がどのような目標を持っているのかで通うべき塾は違ってくるのです。
また塾のタイプには個別指導、集団指導タイプとあります。
マイペースで勉強したい、学校の学習の補講をしたいという方、学習が遅れ気味の方などは個別指導タイプの塾があっているでしょう。
ライバルたちと競い合いながら、競争の中で輝けるタイプは集団授業タイプの塾に通わせることで伸びていきます。
最終的な目標と、我が子の性格を見極めて塾選びをしましょう。

塾の費用についてのこと

受験生だからということで塾などに通っているという人も多いでしょう。
塾にはいろいろな授業形態があります。
集団授業を行うところ、個別指導を行うところなど、先生1人に対して生徒が何人かということでも変わってきます。
集団授業のところは、一定のカリキュラムに従っているので、授業が遅れるということが少ないです。
この日はここまで進むというように決まっていることが多いので、先に進みたいといった人には合ってるといえるかもしれません。
しかし、生徒の人数が多いと先生に質問するのにも一苦労だということも多く起こります。
その点、個別指導だと生徒の数が少ないので、ほぼ付きっきりで教えてもらうといったことも可能です。
生徒に合わせてカリキュラムを柔軟に組んでくれますので、分からないところや苦手なところだけ重点的に教えてもらうということもできるのです。
しかし、先生1人に対して生徒2人以上の形態の場合、相手の生徒を教えているときは、基本自習のような形になってしまいます。
多くの生徒がいないので、緊張感も少なくなってしまうことがあります。
それぞれの費用は、個別指導の方が高めの傾向にあるといえるでしょう。
やはり個人個人に沿って教えていくので、多少高くなるようです。
しかし、集団授業の塾でも高額なところはありますので、一概に個別指導が高いとは言えません。
自分が行こうと思っているところの費用を比較して、自分に合いそうなところに決めるようにした方が勉強もしやすいかもしれません。

Favorite

排卵検査薬 通販

高級マンション検索

オーダーTシャツ

麻布十番 賃貸

代官山 美容院

2015/8/27 更新

Copyright © 塾・予備校で偏差値を上げよう! All Rights Reserved.